便秘の改善方法

便秘はありとあらゆる体の不調を引き起こしてしまいます。お肌トラブル、免疫量の低下、自律神経の乱れ、胸やけ、血流低下、口臭、便臭など、便秘が体に与える悪影響を挙げればきりがありません。

排便の頻度は人によって、さらに食べる量によって異なるので、便秘を定義するのは難しいのですが、一般に、排便間隔が3日以上で、便が硬く、いきまないと出ない。また、すっきりと出切らない感じがある場合、便秘と考えられます。

理想的な排便間隔は個人差がありますが、基本的に1日1回と言われています。毎日排便できるようになると、おなかがスッキリして気持ちよく過ごすことができます。自律神経が安定するため、イライラが減り、精神安定の効果もあるでしょう。さらに、腸内に余計なものを溜めこまないので、体に吸収されるエネルギーが減って太りにくくなります。便秘が解消されると、体にも精神的にもいいことばかり。しかし、便秘を解消しようとして下剤にたよってしまうと腸に負担がかかり、あまりいいとはいえません。便秘は腸内環境を整えること、自律神経を整えることなど、根本的なところから改善を図りたいものです。

便秘を根本的に解消するため、まずは基本となる生活習慣として、体を動かすこと、1日のうちでリラックスできる時間をつくって自律神経を安定させること、食物繊維を意識した食生活、水分を十分に摂取すること、オリゴ糖などを摂取して腸内環境を整えることを意識してみましょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket