食物繊維と水分

便秘を解消するために、食物繊維の摂取は欠かせません。食物繊維は便のかさを増し、便通を促してくれます。食物繊維には水に溶けるタイプの水溶性食物繊維と、そうではない不溶性食物繊維の2種類があります。便秘解消におすすめなのは、水溶性食物繊維の方です。

水溶性食物繊維が多く含まれている食材は昆布やワカメなどの海藻類、大麦、オートミールなどの穀類、エシャロットやプルーン、ゆずなどの野菜や果物です。こうした食材に含まれる水溶性食物繊維は、水分をたくさん含んでドロドロに溶けた状態で腸を通過します。この種の食物繊維は善玉菌のエサになり、腸内環境を改善する効果があります。さらに、善玉菌が増えると腸内が弱酸性に保たれ、弱酸性の便が腸内の壁を刺激し、便意をもよおさせます。こうして便秘が解消されるのです。

また、水分を十分に摂ることも大切です。水分を十分に摂っていれば、便に水分が含まれて柔らかくなり、排泄がしやすくなります。もしも便が硬くコロコロとしているのであれば、水分が足りていないのかもしれません。水分は1日2Lを目安に、こまめに摂取しましょう。デスクワークであればマグカップを傍らに。外回りの仕事であれば水筒を持参するとよいでしょう。