オリゴ糖を摂取する

便秘の原因を根本から取り除くためには、腸内環境を整えることが基本となります。腸内環境を整えるとはどういうことかというと、腸内の善玉菌を増やすこと。腸内にはさまざまな菌が存在しているのですが、その中でも体に好ましい影響を与える菌を総称して善玉菌と呼びます。

その善玉菌を増やすのに良いといわれている食品のひとつにオリゴ糖があります。オリゴ糖は善玉菌として知られるビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌を増やしてくれます。ビフィズス菌が増えるにつれ、悪玉菌の数は減っていきます。オリゴ糖のおかげでビフィズス菌が増えると、腸内が酸性になり、腸内の壁が刺激されて便意を催しやすくなります。こうして便通がよくなります。

オリゴ糖の1日の摂取目安は5~8gです。オリゴ糖の接種方法は、野菜や果物から摂取もできますが、オリゴ糖製品がおすすめです。オリゴ糖は玉ねぎやハチミツからも摂取できるのですが、その含有量はわずか。たとえば、ハチミツには100グラム当たりに含まれるオリゴ糖は1.5g。もしもハチミツで1日のオリゴ糖摂取量を補おうとすれば400gほどを食べなければならず、そのカロリーは1200キロカロリーにもなってしまいます。

便秘の解消方法の一つとしてオリゴ糖を摂り入れて、腸内環境を整えていくとよいでしょう。